オーナー感謝祭開催 約90人が来場し楽しむ

 メイショウエステート(東京都大田区)は1月24日、オーナー感謝祭を行った。東京都庁本庁南側の展望台1フロアを借り切り、90人ほどのオーナーが参加。出し物や夜景を楽しんだ。
 乾杯のあいさつの後、同社が毎日行う朝礼と、月に1度行う理念と経営の勉強会の内容を社員らが披露した。続いて、社員のダンスや物まね芸人のパフォーマンスを楽しんだ。続いて行ったのは「自己実現発表会」。この発表会は、月に1度、全社員が集まり、自分が今後何をしていきたいかを全員の前で発表するという取り組み。今回は、社員の投票から2人を選び発表した。それぞれが、自分の生い立ちや、転機、メイショウエステートで勤務する中で悩んだことや、気づいたことなどを等身大の言葉で表現した。プログラムの最後では、同社の石川英嗣社長が指揮をし、全社員がいきものがかりの「風が吹いている」を合唱した。
 石川社長は「私自身が仕事をする中から気づきをたくさんもらっています。今後1年もよろしくお願いいたします」とあいさつをし、閉会となった。

関連記事