新社会人の部屋探しの意識調査発表

 マイナビ(東京都千代田区)が運営する賃貸住宅情報サイト『マイナビ賃貸』は、2014年春に新社会人となる学生を対象に、「マイナビ賃貸 新社会人のお部屋探しに関する意識調査」を初めて実施。結果を発表した。
 『家賃』は「給与の3割くらい」が54・7%で最多。具体的には、「5万円以上~5・5万円未満」が新社会人の理想の家賃価格帯に。また、半数が「会社から住宅補助が出る」と回答。2014年に新社会人となる男女で、「4月からの住まい」が『実家』以外と答えた243人に「あなたが考えている、給与における『家賃』の割合」について尋ねたところ、「3割くらい」(54・7%)が最も多かった。想定家賃の「具体的な金額」を聞いたところ、最多数の回答は「5万円以上~5・5万円未満」(14・4%)で、次は「4・5万円以上~5万円未満」(13・6%)だった。

関連記事