子育て向け賃貸住宅を発売

室内外に交流できるコモンスペースを設置
東建コーポレーション(愛知県名古屋市)は、子育て賃貸住宅「チャイルドキッズ賃貸マンション」の販売を8月1日より開始した。
同商品は、子育て世帯向けに企画したマンションで、子どもの安全や子育て中の母親に配慮した設計が特徴。
室内の段差を排除した「Kidsバリアフリーデザイン」もそのひとつ。
室内ドアはすべてスライド式で指を挟まないようにゆっくりと閉まる機能のドアを採用した。
また、子育て中の母親や、子ども同士が交流できる共用スペースも充実させた。建物内にある「ふれあいキッズルーム」では子どもが安全に遊べ、室外にある「ふれあいコモンスペース」には母親が座りながらコミュニケーションを取れる「ママコーナー」を設けた。母親同士、おしゃべりしながら子どもを見ることができるように配慮した。
同社では、今後、同商品を通して子育て世帯に訴求した賃貸住宅の供給を目指していく。

関連記事