DIYイノベーションで団地の活性化目指す

日本初の体験型DIYショップ「DIY FACTORY OSAKA」を運営する大都(大阪府大阪市)は、大阪府住宅供給公社や堺市と合同で、DIYリノベーションによる団地の活性化を目的とした「泉北ニュータウン公社 茶山台団地DIYリノベーション計画」を進めていく。
近年、都心以外の地域では若年層を中心とする人口流出にともない、少子高齢化の進行が問題になっている。
そこで、理想の住環境を自ら作るDIYリノベーションで、ニュータウンに新たな住空間を生み出し、若年層を呼び戻すことを目的に同プロジェクトをスタートした。
今後は茶山台団地を舞台にDIYリノベーションワークショップを開催。
一般人や建築を学ぶ学生などを対象に、壁の塗装や家具製作などを行っていく。開催日程や参加者募集はfacebookで発信する。

関連記事