新年祝賀会に約1120人が出席

国土交通大臣や官房長官らが祝辞述べる
一般社団法人全国住宅産業協会(東京都千代田区)は、1月13日、都内のホテルで新年祝賀会を開催した。
住宅・不動産業界から約1120人の参加者が集まりにぎわった。
会の始まりにあたって、同協会の神山和郎会長があいさつした。
話の中では空き家問題に触れ、「建て替えて再販するなど住宅業界が積極的に関わって解決できることがある」と述べた。
来賓で出席した太田昭宏国土交通大臣は、「今年は景気回復の実感できる1年にしていきたい。経済再建が最優先」と強調した。
不動産団体連合会の岩沙弘道会長は「今年は安倍政権の成長戦略が発揮される年。国際的なインバウンドが地方創生につながることを期待したい」と話した。
乾杯のあいさつは公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(東京都千代田区)の伊藤博会長が務めた。
菅義偉官房長官や小池百合子衆議院議員など多くの国会議員も訪れ、祝辞を述べた。

関連記事