関西での初プロジェクトを発表

共用部は音楽と生活がテーマ
ソーシャルアパートメントを手掛けるグローバルエージェンツ(東京都渋谷区)は3月10日、同社にとって関西で初となる「神戸中山手プロジェクト」を発表した。
同プロジェクトは安田不動産との共同企画によるもの。
安田不動産が神戸市内に所有するオフィスビルを建て替え、RC造14階建て、総戸数84戸のソーシャルアパートメントとして運用する。
コミュニティスペースとなる共用部は、「MUSIC×LIFE」をテーマに企画。
約80㎡のラウンジは中央部にはセッションが行える小ステージを設ける。
また、入居者が無料で利用できる防音スタジオや防音シアタールームなども完備する。

関連記事