登録会員の引っ越しをサポート

1158万人を対象に手続きを代行
福利厚生サービスの提供を行うベルス(東京都港区)は4月21日、同社サービスを使用する企業従業員および会員を対象に、部屋探しの総合支援を行う「ベルスの賃貸~ベターライフサポーター」の提供をスタートさせた。
新サービスは空室物件の情報配信システム「リアプロ」の運営を行うリアルネットプロ(東京都港区)と、不動産業の発展と業界で働く女性支援を目的に活動する一般社団法人RE AGENTとの協業によるもの。
ベターライフサポーターと呼ばれる地域に専門の宅建業者が、ベルス福利厚生サービス1158万人を対象に、オーダーに基づいて物件探しから引っ越し業者の手配、転勤・転居にかかわる面倒な手続きの一切を代行する。
転居者は、短い期間で引っ越ししなければならない場合も、同サービスを利用することで円滑に手続きを進めることができる。
また、引っ越しに慣れてない転居者にとっても心強いサービスだ。

関連記事