都心部の土地活用向け商品開発

新宿展示場内にモデルハウスオープン
パナホーム(大阪府豊中市)は4月25日、都心部の土地活用に適した重量鉄骨ラーメン構造の店舗・事務所併用住宅「Vieuno PRO(ビューノ・プロ)」を発売した。
同商品は3階~7階まで対応可能な、事業向け多層階住宅。
最大9mのワイドスパンに対応可能なため、広い店舗スペースや自動車の3台並列駐車ができる。
1階部分の天井高は最大3.15mで、コンビニエンスストアなどの誘致に適している。
外観は、大開口や上下階連続の細いフレームサッシを採用し、洗練されたフォルムの実現が可能。
その他、交通振動を談話する制振装置の標準装備、狭小地の活用にゆうこうな工業化住宅最小150mmピッチの設計モジュールを採用するなど、さまざまな特徴を兼ね備えている。
なお、新商品発売に合わせ、新宿展示場内に6階建てモデルハウスをオープン。
1階はカフェ、2階は打ち合わせスペース、3階は女性視点の賃貸住宅、4階以上は二世帯住宅にし、都市型のライフスタイルを実現している。

関連記事