和風テイストの賃貸住宅発売

漆喰、土壁などを使用
大和ハウス工業(大阪府大阪市)は5月7日、城下町や宿場町をイメージした2階建て和風賃貸住宅「セジュールウィット京和風」を発売した。
同商品は、2009年から販売されている「セジュールウィット」シリーズの最新プランとして開発された。
土・木・紙などの自然素材をベースに、漆喰や塗り壁、土壁など、日本の伝統的な建築材料を使用している。
内装には畳やふすま、障子を、柱や梁には国産材を活用し、日本の建築技法や意匠を取り入れた。
1階部分は店舗としての利用も可能。
約60cmの横架材によって広い間口を取ることができ、土間縁を設けて伝統的な町屋を再現することもできる。
年間販売棟数は120棟を目標にしている。

関連記事