地図上で部屋探しができる検索サイトをオープン

近隣施設との位置関係の確認が可能
不動産検索サイト「SUUMO」を運営するリクルート住まいカンパニー(東京都中央区)と、日本マイクロソフト(東京都港区)は5月25日、Web上の地図システムを利用した新しい住宅・不動産情報検索サイト「Bing不動産」の運用を開始した。
「Bing不動産」は、これまでの検索サイトと異なり、地図上で希望物件の条件設定を行い、情報を絞り込んでいく。
賃料や面積、駅からの距離などの条件を設定すると、該当物件がMAP上にアイコン表示される。
アイコンをクリックすると、さらに詳しい物件概要を確認することができる仕組みだ。
地図上には、物件情報だけでなく、コンビニエンスストアや学校、病院など、近隣の施設も合わせて表示される。
生活環境も同時に確認することができるため、利便性や生活を具体的にイメージすることができる。
また、施設と物件が、「道を挟んで向かい」「同じブロックにある」など、詳しい位置関係も確認できる。
また、常に地図と連動する構成になっているため、別エリアの物件を探す場合に、改めてエリア条件を設定し直す必要がない。
地図上をカーソルで移動するだけで、同条件の物件がそのまま表示される。

関連記事