店舗屋号を「部屋セレブ」に刷新

自社ブランドで全国展開目指す
賃貸仲介事業のS―point(愛知県名古屋市)は6月1日、独自ブランド「部屋セレブ」を立ち上げ、既存店舗の屋号を改称した。
同社はこれまで、エスフィット(東京都港区)が展開する「お部屋探しCAFEヘヤギメ!」のフランチャイジーとして、東海エリアに8店舗を運営していた。
同社の佐々木永年社長は自社ブランド発足の経緯について「全国展開を見据えた場合、フランチャイジーのままでは思うような出店計画が立てられません。そこで自社ブランドを立ち上げることになりました」と語る。
「心のゆとりを求める30代をターゲットに、プチリッチな住空間や接客サービスを提供したいと思い、屋号を決めました。まずは愛知県内で15店舗、その後、従業員1000人、全国100店舗体制を目指します」(佐々木社長)
また、同日付で、本社内の管理事業部を名古屋市中村区豊国通りの新事務所に移転する。

関連記事