• HOME
  • 企業
  • インバウンド対応の専門チーム立ち上げ

インバウンド対応の専門チーム立ち上げ

税務相談、納税代行にも対応
東急不動産グループで賃貸住宅事業を行う東急住宅リース(東京都新宿区)は、海外投資家のニーズに対応する専門チーム「グローバルネットワークグループ」を6月1日、立ち上げた。
第一段階としてシンガポール、香港、台湾、中国からのインバウンドニーズへの対応をスタートする。
具体的な業務としては投資家が購入した物件の入居者募集、賃料収納、精算報告等の賃貸管理業務から税理士、弁護士、金融機関との幅広い連携による税務相談や納税代行等のコンサルティング業務まで行う。
売買ではインバウンド需要対応に注力する企業は増えているが、売買後の賃貸仲介・管理面で専門的に対応するケースはまだ少ない。

関連記事