• HOME
  • 企業
  • 入居者と施設利用者交流できるラウンジ設置

入居者と施設利用者交流できるラウンジ設置

東急電鉄(東京都渋谷区)は6月20日、神奈川県川崎市にコミュニティ型賃貸住宅「スタイリオ元住吉Ⅱ」を開設した。
同物件は、同社が展開する賃貸住宅「スタイリオ」シリーズの18弾として建設されたもの。
多世代の交流を目的に企画され、本館1階部分に、大型キッチンを完備した共有ラウンジを設置。
また、1階テナントとしてデイサービス「オハナ元住吉」と、川崎認定保育園「みらいっこぷち」を誘致し、共有ラウンジを中心に、賃貸の入居者と両施設の利用者の交流を図る。
建物は鉄筋コンクリート造で6階建て。
2階~6階が住戸で、総戸数は63戸。
1R~2LDKまで幅広い間取りを用意している。

関連記事