若者の団地移住促す活動スタート

「団地 X リノベ」テーマに初回イベント
団地で生活する若い世代が連携するコミュニティ「ダンチ部」というユニークな活動がスタートした。
主宰するのは、団地への若者移住を促進する団地生活デザイン(埼玉県入間市)、「築50年の団地再生ライフ」を運営する団地ブロガー(東京都国立市)、高島平で活動する高島平観光協会(仮)(東京都板橋区)の3つの組織。
ダンチ部設立の目的は、団地暮らしのリアルな話を見聞きすることで、団地生活への不安や疑問を解消し、若い世代の団地への移住を後押しすることにある。
部員は、すでに団地に住む人、団地住まいに関心のある人を対象に募る。
第1回の「部活」として、6月28日に国立富士見団地でキックオフミーティングを開催し、「団地×リノベ」をテーマに対談やワークショップイベントを開催した。

関連記事