初期費用クレジット決済導入

サービス取り入れる企業が増加
賃貸管理・仲介、土地活用などを手掛けるウスイホーム(神奈川県横須賀市)は、7月17日から不動産営業店舗12店で入居初期費用のクレジット決済サービスを開始した。
支払方法の選択の幅を広げることで、入居促進を図るのが狙い。
決済は、VISAかMaster Cardであれば手持ちのカードでできるため、入居者は新たにカードを作る必要がない。
クレジット決済でポイントも溜まる仕組みだ。
入居者にとっては、平日に振り込み手続きができない場合でも、契約時に決済できるため、スムーズな手続きが可能だ。
昨今、クレジットカード決済を取り入れる賃貸管理会社が増えている。
本紙が実施したアンケートでは、回答社数の約16%が導入していると回答した。

関連記事