サ付きと子育て世帯向け複合型賃貸住宅内覧会

入居者交流の共用スペース設置
今年3月に竣工したサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ付き)と子育て支援住宅で構成する複合型の賃貸住宅「マストクレリアン神楽坂」の第4弾内覧会が7月23、24、25日に開催された。
8月7、8日の両日も11~15時に開催予定だ。
設計・施工は積水ハウス(本社・大阪府大阪市)、貸主は積和グランドマスト(東京都渋谷区)、サ付きの仲介はイチイ(東京都新宿区)が担当している。
同住宅は、東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩6分の立地にある。
1~4階にサ付きの住居45戸、5~10階に子育て支援の住居71戸が入るRC造10階建て。
コンセプトは「家族のつながりと多世代コミュニケーション」。
全入居者が使える共用スペースとしてライブラリーラウンジ、食堂、屋上庭園を設置し、高齢者と子育て世代が交流できるように設計した。
祭りや誕生日会などのイベントも随時開催する。
また、周辺住民との交流イベントも企画し、地域コミュニティの拠点としても活用させていく考えだ。
サ付きの賃料は19万1000~27万円。
子育て世代向け住宅は、賃料18~30万5000円で8割強の入居が決まっている。

関連記事