• HOME
  • 企業
  • 外国人専門の不動産検索サイトを刷新

外国人専門の不動産検索サイトを刷新

物件掲載数5万戸目指す
外国人専門の家賃保証、生活サポート、賃貸仲介を行うグローバルトラストネットワークス(GTN)(東京都豊島区)は、外国人専門の不動産検索サイト「Best-Estate.jp」を8月にフルリニューアルする。
スマートフォンに対応し、デザインを一新する。
同サイトは、現在、関東版、関西版で運営している。
日本語、英語、中国語、台湾語、韓国語、ベトナム語の6言語に対応し、日本語で入力した物件情報を自動的に外国語に変換する。
外国人にとっては母国語で検索できるため来日前のアクセス数が急増しているという。
物件情報のほか、日本で新生活を始める際に必要な、電気・ガス・水道についての情報が掲載されている。
管理会社、仲介会社は同サイトサービスを無料で利用できる。
「いい生活」や「レンターズネット」との一括コンバートにも対応しており、現在、フルリニューアルを記念して、コンバートにかかる費用を年内までGTNが負担するキャンペーンを実施中だ。
今後、同社では、同サイトの外国人入居可能物件の掲載数5万戸を目指すとしている。

関連記事