日照量を補償するサービス開始

基準値下回る場合、1時間あたり100円補償
太陽光発電設備の販売・施工を行うエコスタイル(東京都千代田区)は、7月21日、同社が設置する太陽光発電設備に日照量の補償を行うサービスを新たに始めた。
同サービスは、産業用の野立て太陽光発電も対象。
サービス内容としては、設置時期に応じた観測期間中の日照時間が、同社設定の基準値を下回り、かつ下回った時間が年間30時間を超えた場合に1時間当たり100円、年間最大で500時間(5万円)まで補償する。
なお、同サービスは7月21日以降、設備を連系設置する場合に適用される。

関連記事