多形状太陽光システム発売

従来品より高出力化を実現
三菱電機(東京都千代田区)は、国内住宅用太陽光発電システムの新商品、単結晶無鉛はんだ太陽電池モジュール「マルチループ」230Wシリーズ全7機種を8月25日に発売する。
同商品は、従来のものより光透過性の向上と、発電ロスを減少させることによって、高出力化を実現したもの。
長方形モジュールで公称最大出力を同社従来品より5w増加を可能にした。
長方形や台形、スリム形など6つの形状があり、屋根の形に合わせて組み合わせることによって限られたスペースを最大限に生かすことができる。
長方形のPV―MA2300Lはセル50枚で
公称最大出力230W、重量16kg、1657×858×46mmで
価格は15万1800円(税抜)。

関連記事