買い取った不動産をそのまま賃貸

事業資金の調達に有効
不動産フランチャイズや不動産事業、リフォームなどを手掛けるハウスドゥ(東京都千代田区)は8月20日から、個人事業主や中小企業が所有する事業用不動産を対象にした「アセット・リースバック」の提供を開始した。
同サービスは、個人事業主や中小企業から買い取った土地や店舗、店舗付き住宅、ビル、工場等事業用不動産などを、リース契約を締結した後にそのままもとの所有者に賃貸するもの。
売主は、売却時に現金を一括で受け取ることができるため、運転資金やつなぎ資金、設備投資など、各種事業資金の調達方法として利用が可能。
「公的融資や銀行融資は手続きや審査などに時間がかかるうえ、必ずしも融資を受けられるとは限りません。このサービスであれば売却後もそのまま事業を継続できる他、将来的に再び買い戻すこともできるため、一時的な資金調達にも役立ちます」(同社広報担当 正能まり子氏)

関連記事