早稲田大学と産学連携で共同研究

住宅寿命の長期化に関する研究を継続
住宅系J―REITアドバンス・レジデンス投資法人の資産運用会社ADインベストメント・マネジメント(東京都千代田区)は、2014年から実施する早稲田大学理工学術院小松幸夫研究室との共同研究を今年度も継続する。
研究内容は、持続可能性の向上に向けた住宅寿命の長期化に関するもの。
昨年度は、同投資法人の保有物件に対して行われた修繕工事やリノベーションなどの実績データを収集し、工事が賃貸収益に与える影響を研究した。
今年度は、J―REITの公表データをもとにした個別物件の条件と賃料の関係性を分析するほか、同投資法人のデータをもとに物件ごとに設備の状況、ペット可否、リノベーションの有無などの要素が賃料に与える影響を分析する。

関連記事