格安の通信モバイル事業に参入

10月からサービス提供を開始
家賃保証や光インターネット回線「レキオスBB」を提供するレオキス(沖縄県那覇市)は10月1日から、低価格帯のモバイルデータ通信事業を開始する。
「レキオスモバイル」のブランドで、持ち運びができる無線LANルーターと、通話機能が付くスマートフォン4機種を販売。
仮想移動体通信事業者(MVNO)としてNTTドコモのネット回線を借り、LTE高速データ通信サービスを提供する。
基本料金は、データ通信量1GBまでが月額450円で、これを最低価格とし使用量によって5つの料金プランを設ける。
音声通話は30秒で10円程度。
大手キャリアよりも通信、通話ともに、格安料金に設定した。
レキオスBBとセットで契約すると、さらに割引になる。
すでに専用のウェブサイトを立ち上げ、先行予約を受け付けている。
予約特典として月額基本料が2カ月間無料になり、3000円がキャッシュバックされる。
端末の価格は9980~45800円。
同社では、販売開始に合わせて那覇市の本社の一部を販売店舗に改装する。
3年間で10万人以上の契約者数を目指していく。

関連記事