• HOME
  • 企業
  • 不動産会社に特化したリスティング広告リリース

不動産会社に特化したリスティング広告リリース

定休日には非表示設定が可能
不動産会社向けホームページ制作のクーバル(東京都渋谷区)は8月18日、不動産に特化したリスティング広告運用サービス「CooRE(クール)不動産リスティング」を正式にリリースした。
リスティング広告とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンでユーザーがキーワード検索をした際に、その結果に連動して表示される広告のこと。
同サービスはこれまで多くの不動産会社のホームページ制作をしてきた同社のノウハウをベースに、不動産に最適なリスティング広告の運用をするというもの。
特徴は、広告を運用する前にクライアントホームページの改善提案から、運用の際には不動産というビッグキーワードを維持しつつも、戸建てや新築のみを取り扱う企業が、マンションや中古などのワードで広告表示をされないように設定したり、広告エリア属性を企業の要望に応じて細やかに設定していくところにある。
また、定休日や営業時間外には広告表示をしないなど、クライアントに適したリスティング運用をしていくという。
月次で運用レポートも発行され、プランによっては訪問コンサルティングも行う。

関連記事