• HOME
  • 企業
  • シェアハウス投資物件専門仲介サイト開設

シェアハウス投資物件専門仲介サイト開設

事業に必要な行政手続きもサポート
不動産関連サイト運営などを手掛けるシェアライフジャパン(東京都新宿区)は9月1日、業界初のシェアハウス投資物件専門仲介サイト「シェアハウス市場」をオープンした。
同サイトでは、不動産投資家やシェアハウス経営を検討する人向けに、首都圏の物件を扱っている。
現在は非公開の物件を含めおよそ150件の取り扱いがある。
既存のシェアハウスに加え、シェアハウスにすることが想定される一般物件も掲載。
転用した際の想定利回りやリフォームにかかる費用、想定年間収入なども記載している。
また、登録しておいた希望条件に合致した物件が自動的にメール配信されるシステムや、シェアハウス事業の開始に必要な行政手続きを専門家が代行・支援するサポートも行っている。
同社の菊地拓也社長は「物件を所有するオーナーと不動産会社や税理士・法律事務所等の方々に、物件掲載をご検討いただきたいです。部屋数が多くてなかなか借り手が付かないような戸建てや社宅については、シェアハウスに転用して利回り等大幅な効果の向上が見込める可能性があります」と語った。
今後は登録物件数や会員数を増やしていき、3年目に全国展開を目指している。

関連記事