相続相談で英語対応開始

グローバルサービスを強化
相続税専門会計事務所の税理士法人チェスター(東京都中央区)は8月から、国際相続コンサルティングサービスにおいて、英語での対応を開始した。
財産が国外にある場合や、相続人が海外に居住している場合などに、円滑な相続税申告や相続手続きを行うため、グローバルサービスの向上に取り組む。
国際相続は、日本と諸外国との税法や法律など諸種の調整が必要な業務のため、海外とのやり取りをする必要性が生じた際には、専門知識を持つ同社のスタッフが英語で対応する。

関連記事