• HOME
  • 企業
  • ホームセキュリティサービスと連携

ホームセキュリティサービスと連携

空き家管理サービス開始
東急電鉄(東京都渋谷区)は9月14日、東急線沿線住宅を対象に「空き家巡回サービス」を開始した。
同サービスは、買い物や家事代行、ハウスクリーニングなど、家の困りごとをサポートする「東急ベル」の一環として行うもの。
長期間空き家になっている、または空き家になる予定の戸建てやマンションを、月に1~2回程度の頻度で巡回し、建物の劣化を防止する。
契約宅にはグループ会社・東急セキュリティ(東京都世田谷区)のホームセキュリティサービスを提供するプランも用意。
宅内に設置したセンサーが不審者の侵入や火災などの異常事態を感知すると、警備員が駆け付けて対応する。
また、外周部にはセキュリティステッカーを貼り、犯罪行為を抑止する。

関連記事