戸建て賃貸向け商品発表

空き家の賃貸活用を促進
賃貸リノベーションのフランチャイズ「リノリースCLUB」を運営するTRN(福岡県福岡市)は、戸建て賃貸向けの商品をリリースした。
これまではアパートやマンションの空室対策として、リノベーションを行い完成から3カ月以内に入居が決まらなかった場合には2年間の家賃保証を最大10年継続できるビジネスモデルを提供していた。
加えて昨今では、空き家特別措置法の制定によって、空き家を賃貸住宅として活用しようとするニーズが高まっていることから、新たに「戸建再生リノリース」を商品化した。
全国の加盟店が取り扱うことができ、リノベーションのデザイン設計には、テレビ番組「大改造!劇的ビフォーアフター」への出演実績がある建築デザイナーの大塚正彦氏が携わるという。
同社の篠原昌史取締役は大塚氏のサポートを受け、戸建て賃貸でも必ず入居が決まるリノベーションを提案していきます。
社会的な課題になっている空き家の活用に貢献していきたいです」と語る。
また、同社は9月7日にリノリースCLUB大阪支部(大阪府大阪市)を開設した。
既存加盟店の支援体制と新規加盟店募集の営業を強化する目的。
東京本部、福岡支部に次ぐ3拠点目。

関連記事