ベトナムで不動産管理スタート

現地3法人と新会社設立
サンケイビルグループで建物管理などを手掛けるサンケイビルマネジメント(東京都千代田区)は9月29日、ベトナム社会主義共和国において現地の不動産関連法人、ヴィグラセラ社、ホアンタン社、オーウィー社と共同で、現地法人「CONG TY CO PHAN VISAHO(略称ビサホ)」を設立、不動産管理業及び不動産コンサルティング業務を開始した。
同グループが掲げる海外戦略の一つとして、主力事業を海外進出させる。
成長著しいベトナムで、今後、建物管理の重要性が増すと考えられることから、日本国内で蓄積したビルマネジメントの管理設計や管理員・清掃員などの教育研修ノウハウなどを提供する。
資産運用型マンションや高層マンション、オフィスビル、工業団地などの管理受託を積極的に行い、幅広い不動産関連サービスを提供していく計画だ。
なお、資本金は日本円で8000万円。
サンケイビルマネジメントの鮫島眞一郎社長が代表を兼任する。

関連記事