Airbnb代行業に

10室運用で、関東進出も視野
airBest(エアーベスト・福岡県福岡市)は10月1日、観光客を対象にした空き部屋検索サービス「Airbnb(エアービーアンドビー)」のホスト運営代行業務を開始した。
現在、同社が提携する管理会社の管理物件200室のうち、空室だった10室を運用する。
今後、退去した部屋についても宿泊可能物件として運用していく計画だ。
また、一般オーナーから物件をサブリースして貸し出すサービスも並行して行う。
物件の増加に伴い、事業エリアの拡大も進めていく。
当面は九州、沖縄が対象となるが、将来的には首都圏や関西への進出も視野に入れているという。
同社は福岡市で賃貸管理や売買仲介事業を展開しているDipro(ディプロ・福岡県福岡市)のグループ会社として新たに設立された。

関連記事