出張先でも不動産登記情報を

コンビニプリント機能が追加
多種多様なデータベースを取り扱うナビット(東京都千代田区)は、10月1日から同社が提供する「登記情報取得・地番変換サービス」で取得した不動産登記情報をコンビニエンスストアのマルチコピー機からプリントすることができるサービスを追加した。
同サービスは法務局で申請・取得できる不動産登記情報を同社でも取得することができるというもの。
全国の不動産鑑定士、金融機関関係者、出店先を調査している会社、空き家の状況を把握したい自治体などが対象となっている。
出張などで全国を行き来するユーザーが移動先で手軽にプリントアウトできるようにするというのが狙い。
ユーザーは取得したい登記情報・地番を同サイトで購入し、PDFでパソコンへダウンロードする。
その後、ネットワークプリントサービスへの登録画面へアクセスし、ユーザー番号発行画面で番号を確認し、近くのコンビニのネットワークプリント操作画面にユーザー番号を入力してプリントするという流れ。
プリントには別途料金がかかる。

関連記事