掲載件数4万を超える

市場価格・推移をリアルタイムで査定
リブセンス(東京都品川区)は20日、同社が運営する不動産サービス「IESHIL(イエシル)」(β版)の掲載数が東京都内マンション物件の3分の1である4万件を超えたことを発表した。
同サイトは中古不動産流通市場の可視化・活性化に繋がる新たな不動産仲介サービスとして8月27日からスタートした。
主に「不動産物件価格のリアルタイム査定」や、物件に関する利便性・治安・地盤情報など8項目のレイティングデータ公開、中古不動産物件の売買仲介の3つのサービス提供を予定している。
現在は約3000万件に上る売買・賃貸履歴などのデータを活用し、東京23区内のマンション物件の市場価格・価格推移などの情報を公開している。

関連記事