8月に東証一部上場

「挑戦的な企画に取り組みたい」
今年8月に東証一部に上場した不動産開発のディア・ライフ(東京都千代田区)は、07年のマザーズ上場から成長を続け、順調に市場昇格を果たした。
今後は、商業ビルや大型マンションの開発案件を手掛ける予定だという。
これまで手掛けてこなかった500坪を超える土地の開発についても進めていく。
「市場変更したことで、以前にも増して信用力が増した。優秀な人材の確保に努め、もともとの特長だった企画力を生かした挑戦的な事業に取り組みたい」と阿部幸広社長は語る。
言葉通り、江東区東陽町では、オフィスビルを一棟リノベーションした。
今後、高級志向のトランク事業を手掛けることも視野に入れている。

関連記事