• HOME
  • 企業
  • イオンハウジングFCと資本業務提携

イオンハウジングFCと資本業務提携

不動産会社のバックオフィスサービス強化
ネットワークインフラサービスや賃貸管理ソフト開発などを展開するギガプライズ(東京都渋谷区)は、イオンハウジングのFC店舗を展開するフォーメンバーズ(東京都中央区)の株式の一部取得と、資本業務提携を行うことを10月28日の取締役会で決議した。
これにより、同社はフォーメンバーズ株式における議決権所有割合が19.98%であり、実質的な影響力を有することとなった。
同社はフォーメンバーズを持分法適用会社とすることで、不動産賃貸管理ソフト『FutureVision』の開発・販売・保守を中心にマンション向け ISP事業、監視カメラ・DVR等を展開し、不動産業界向けのトータルITソリューションの提供を強化する。
フォーメンバーズは、営業コンサルティング事業と、イオンハウジングのフランチャイズとして不動産仲介事業を行っている。
「ISPや管理ソフト、コールセンターなどをサービスメニューとして持っている当社では、不動産会社のバックオフィスサービスを強化したい」(梁瀬泰孝社長)
今後同社では、「イオンハウジング」事業における不動産ビジネスをサポートし、サービスプロバイダーとしてさまざまなサービスを提供する。

関連記事