手軽に描ける道路表示販売

低コストで施工可能
工具やアウトドア向けのバーナーを製造する新富士バーナー(愛知県豊川市)は駐車場のラインやナンバー標示が気軽に描ける商材「ロードマーキング」を販売している。
同製品であるシートを路面に設置し、バーナーで加熱して溶着させるというもの。
シートがアスファルト作業面と密着することで強度を発揮し、同社の実験ではシートやペイントタイプに比べて約6倍だったという。
施工方法はシート設置面をホウキで清掃し、下地処理剤プライマーを塗布する。
その後シートを置き、バーナーで数分加熱すると溶着完了だ。
雨天での施工はできないが、地面が少し濡れている場合はバナーで乾かすと作業できる。
大澤仁志営業部課長は「従来は一部補修する場合においても工事会社に依頼するしか方法がなく、高コストでした。当製品は標示させるラインやサインを炎で炙るだけなので低コストかつ簡単に施工できます」と話す。
価格はプライマーは3300円から。
バーナーは4200円から。
ラインは3900円から。
そのほかナンバーや「月極」などのサインや、任意の形や文字を自作する無地のシートも用意している。
インターネットから購入可能。

関連記事