リゾート開発に進出

併設ゴルフ場と連動
東建コーポレーション(愛知県名古屋市)が、会員制リゾートホテルを開発した。
1年のうち決まった日数を利用する権利を販売するタイムシェアリングリゾートとして、三重県桑名市にレジデンス新館を建築。
以前から所有するゴルフ場、温泉ホテルとあわせて、スポーツと健康を組み入れた複合型リゾートとして周知を進める。
先月25日に竣工し、同時に企業や個人向けに販売を始めた。
賃貸住宅建築、管理に留まらない、新たな挑戦に注目が集まっている。

関連記事