空き家解体ローン発表

事業目的でも利用可能
東邦銀行(福島県福島市)は10月30日、同行管轄エリアにおける空き家対策として、「東邦・空き家対策ローン」の取り扱いを開始した。
同商品の大きな特徴は、その用途が空き家の解体だけに限らず、賃貸などの事業を目的とした改築・改装や、建物撤去後の土地活用にかかる設備費用までを対象にしていること。
幅広い用途に利用できるようにすることで、少しでも多くの空き家を解消したい考えだ。
融資金額は10万円以上500万円以内。
融資期間は6ヵ月以上10年以内で、信販会社ジャックスの保証を受けられることが条件となる。

関連記事