入居初期費用向けローン発売

カード会員には金利優遇
クレジットカード・信販事業のアプラス(東京都千代田区)は11月9日、賃貸住宅の入居初期費用を対象にした証書貸付型無担保ローン「レンタルハウスプラン」の取り扱いを開始した。
同商品は、仲介手数料や前家賃、敷金礼金、引っ越し費用などが対象。
資金用途を入居資金に限定することで適用金利を抑えた。
また、さらに同社が提供する家賃立替え「アプラス家賃サービス」や、空き巣見舞金サービスが付帯したクレジットカード「Tカードプラス」と組み合わせることで、最大で2.5%の金利優遇を受けることができる。
「当サービスを利用することで、まとまった資金がなくても手軽に引っ越しができるようになります。入居にかかる初期費用は大きなハードルですので、これを解消することで市場を活性化できればと思います」(アプラスファイナンシャル 企業戦略部 金崎氏)
融資金額は10万以上100万円以下。
融資期間は6~48カ月となる。

関連記事