介護施設第1号を開設

地主向け販売積極化
桧家ホールディングスは11月6日、介護事業への参入を発表した。
子会社の桧家不動産(東京都新宿区)とリビングケア研究所(神奈川県横浜市)が来年4月に開設する、月額8万7000円から入居できる低価格のシニアホーム「桧家リビング久喜」(埼玉県久喜市)を皮切りに、土地オーナーへの提案を積極化させる。
手軽に入居できる賃料設定で高い入居率を実現し、一方でグループ内施工による建設コストのダウンを図る。
さらに断熱性と気密性に優れた断熱材を採用することでランニングコストも削減し、投資資金の早期回収が可能な商品として提案を進めていく。
桧家グループによる介護施設第1号となる同物件は、居宅支援と訪問看護、訪問介護の3つの事業所を併設する。

関連記事