北海道に30店舗新築目指す

札幌オフィス開設し経営資源集中
センチュリー21・ジャパン(東京都渋谷区)は18日、札幌オフィスを開設した。
加盟店舗数拡大をにらみ、今後の重要エリアとなる北海道に経営資源を充てる構え。
2017年度中に加盟点数1000店舗を目標に据えており、出店に弾みをつける。
北海道の加盟店は現在14店舗。
6日の中間決算発表会で猪熊茂男社長は、「未展開の北海道エリアで加盟店を30店新設する」と話しており、札幌オフィスの開設は目標への第一歩となる。
9月末時点の加盟店数は887店。
今期目標は912店。
近年は関西圏の伸びが著しく約2年間で50店ほど伸ばしているという。
猪熊社長は「1000店舗達成したら増配を検討する」と言及していた。

関連記事