サイト掲載の物件情報を無償提供

人工知能の技術開発に貢献
ネクスト(東京都港区)は11月24日から、不動産ポータルサイト「HOME’S」の賃貸物件データを国立情報学研究所(東京都千代田区)に提供する。
同研究所が設立したデータセット共同利用研究開発センターに、同サイトで掲載している約530万件の物件情報と、その間取りや室内写真などの画像データ約8300万点を提供。
人口知能や、それに係る画像や言語の処理、対話型インタフェース、リンクドデータなどの研究に利用される。
具体的には、画像とテキストを総合的に情報処理する研究や空間認識技術、個人の感性にもとづいた検索システムの開発などに役立つと推測される。
提供する情報は、サイト上で公開している情報のみで、特定の法人や個人につながるものではないという。

関連記事