• HOME
  • 企業
  • サンワカンパニーとコラボで物件開発

サンワカンパニーとコラボで物件開発

半地下にトランクルーム併設
収益物件の開発を手掛けるベストウェイ(東京都目黒区)は11月30日、インターネット設備・建材販売のサンワカンパニー(大阪府大阪市)とコラボレーションした新築マンション「アーバネージュ高田馬場」プロジェクトを発表した。
同物件が建設されるのはJR「高田馬場駅」から徒歩7分の場所。半地下+地上4階建てて、総戸数8戸+トランクルーム8室になる。企画・設計はサンワカンパニーが手掛け、大部分に同社の商材を採用する。
半地下部分に2.2~5.6坪のトランクルーム8室を併設しているのも、同物件の特徴の一つ。
24時間個別の空調システムを設置し、物置やバイクガレージ、不在時の宅配ロッカーなど、幅広い用途で利用できるようになっている。
「ここでしかできない新しいものを作りたいと思い、トランクルームを併設することにしました」(黒田史郎社長)。
完成は来年6月の予定。

関連記事