地銀が遺品整理サービス開始

ワンストップで顧客を囲い込み
ふくおかフィナンシャルグループ(以下、FFG、福岡県福岡市)は12月7日、同社がかねてから行っている相続に関連したサービスの一環として「遺品整理サービス」をスタートした。
既存顧客の配偶者や家族などが亡くなった際に、相続手続きに関するアドバイスや相続事務手続きの代行業務などを行っているプラス相続手続センター(福岡県福岡市)を紹介する。
同社が相談に応じる中で顧客から遺品整理の要望があれば、さらに遺品整理などを行っているキーパーズ(東京都大田区)を紹介する。
顧客がキーパーズに支払う手数料は通常料金から10%割引になる。
近年、既存顧客と相続についてやり取りする中で、担当者が顧客から「どうしたらいいか分からない」という悩みを聞くケースが少なくないという。
FFGが窓口となり、ワンストップで相続に関する手続きを行なうことで、富裕層などの顧客の囲い込みを図る。

関連記事