IT会社と提携し新商品開発

学生向けに生活情報提供
不動産活用コンサルティングや学生向けマンション、寮のプロパティマネジメントなどを手掛ける毎日コムネット(東京都千代田区)は12月15日、インターネットサービス事業のイオレ(東京都港区)が発行する株式の一部を取得し、資本業務提携を結んだ。
イオレは、コミュニケーションツール「らくらく連絡網」をはじめ、アルバイトや就職情報サイトの運営など、大学生を対象としたビジネスを展開している。
毎日コムネットは全国で38万団体、650万人が登録する「らくらく連絡網」の国内最大級のネットワークを活用し、今後、不動産事業や学生向け事業における新商品開発で連携したい考えだ。
まずは、学生向けに生活情報サービスの提供をしていくという。

関連記事