大阪市中央区が首位

世界の人気ランキング発表
旅行客と空き部屋のマッチングサイトを運営するAirbnb(エアー・ビーアンドビー/本社:米国カリフォルニア)は1月8日、「2016年に訪れるべき16の地域」を発表した。
2015年に同サイトを利用した約4000万人の旅行パターンを分析。
前年から増加した宿泊者数を成長率で表し、ランキング付けした。
各国の人気地域を抑えて今回1位に選ばれたのは「大阪市中央区」。
大阪城や数々の商店街、食い倒れ市場などが多くの外国人旅行者から支持された。
成長率は7000%増で、2位のタイ王国バンコク・バンランプー(1230%増)を大きく引き離す結果になった。
3位はマレーシア・クアラルンプール、4位はフランス・ボルドー、5位はギリシャ・アテネだった。
大阪府は4月に、一部地域を除いて民泊を解禁する。
レポートの結果を受け、今後ますます多くの外国人旅行者から注目が集まりそうだ。

関連記事