ホーローを使った内装パネル発表

マンションのエントランスにも活用
ホーロー製キッチンなどの住宅設備メーカー・タカラスタンダード(大阪府大阪市)は1月5日、ホーロー内装材「エマウォール インテリアタイプ」を発売した。
価格はパネル1枚当たり2万3800円から。
ホーローは、金属とガラスを使った同社独自の素材で、汚れや傷、臭いが付きにくいなどの特徴がある。
クロスの代わりに壁面に張り付けて使用する。
臭いが気になるペットがいる家庭や、湿気がこもりやすい脱衣所、汚れやすい玄関などでの使用を想定している。
デザインは無地のほかに、木目調や大理石、花柄など20柄。
室内用の他にマンションのエントランスやホテルのロビーなどに適した強度のパネルも用意している。
サイズはオーダー制だ。
営業本部営業一課の山室昇氏は、「ホーローの艶のある質感に高級感のあるデザインを合わせている。室内だけでなくエントランスなどの共有部分などにも活用できる」と語る。
殺風景になりがちなエントランスの印象を変える場合にも一役買う商品だ。

関連記事