信託商品の取り扱いを開始

相続案件の発掘が狙い
福岡銀行(福岡県福岡市)は1月18日、三菱UFJ信託銀行(東京都千代田区)の代理店として、新たに2つの信託商品の取り扱いを開始する。
相続関連のサービス拡充を図るもので、相続発生前の商品「暦年贈与信託」と「ずっと安心信託」を媒介する。
「暦年贈与信託」は、生前贈与をする手続きを簡略化するもので、金額は500万~3300万円。
期間は5~30年。
「ずっと安心信託」は3つの受け取り方法を設計できる商品。
「本人が生活資金を計画的に受け取る」「本人が突発的に資金を必要とするときに家族が簡易手続きで短期間に受け取る」「相続した家族の生活資金として計画的に受け取る」の中なら、状況に適したプランを選べる。
また新商品の取り扱い開始に伴いキャンペーンを実施。
1月25日から5月31日まで、同行で相談した顧客には、先着4000人に調味料「茅乃舎だし」を、遺言信託、暦年贈与信託、ずっと安心信託に申し込んた顧客には3000円分のクオカードを贈呈する。

関連記事