• HOME
  • 企業
  • 再建策を促す仕掛けで問い合わせアップ

再建策を促す仕掛けで問い合わせアップ

サイトの掲載件数500万件を突破
不動産仲介サイトや求人サイトの運営を手掛けるじげん(東京都新宿区)は、同社の運営する不動産仲介サイト「スモッカ」の賃貸物件掲載件数が500万件を突破したと発表した。
件数アップの要因は、他サイトに移動することなく部屋探しができるよう、検索画面を自動表示することで問い合わせにつながるように工夫したことだ。
同時に、サイトの認知拡大にも注力してきた。
サイト名を従来アルファベットで「SUMOCCA」と表記していたのを、カタカナに変更し、親しみやすさを出した。
また、継続して実施しているお祝い金のキャンペーンは好評で、顧客の契約の動機になっているという。
広報の沼尻佳奈氏は「掲載物件数は、サイトがユーザーにどれだけ支持されているかの表れ。今後も『スモッカ』にアクセスしてから物件検索をしてもらえるよう、サイトの利便性を高めるなどして差別化を図っていく」と語る。

関連記事