ERAがリクシルとの連携を強化

新ブランドで1000店目指す
不動産フランチャイズチェーン(FC)のERAを展開するLIXILイーアールエージャパン(東京都中央区)は1月30日、新ブランド「LIXIL不動産ショップ」「LIXIL賃貸ショップ」を開始すると発表した。
集客力とブランド力アップが狙い。
既存加盟店430店は、個々の判断で新ブランドへの転換を行う。
1000店を目標としている。
2002年にLIXILグループに参加してから、ブランド力は徐々にアップしてきた。
看板にLIXILブランドを掲げることで、不動産と住生活の両側面から対応できることをアピールし、集客につなげる。
また、LIXILグループ会社間での連携を強化し、仲介や管理、売買などの不動産取引に限らず、高齢者施設の紹介やリフォームローンなどのサービスを活用していく。
企画広報部の清水景史氏は「独自のキャンペーンやプロモーションも検討している。加盟店数の増加を促進していく」と語る。

関連記事