ホームメイト施設検索用に専用アプリ開発

全国170万カ所を掲載
東建コーポレーション(愛知県名古屋市)が、運営する検索サイト・ホームメイトリサーチ用にスマートフォンで使える専用アプリを開発した。
ピカ写メの名称で提供されるアプリを使えば、サイトの人気機能であるホームメイト施設検索への投稿が簡単にできる。
2月中にリリース予定だ。
アプリを立ち上げて写真を撮り、位置情報機能と連動して施設名を登録する、後は施設の説明を書き込めば、サイトにアップされポイントが加算される。
ダウンロードは無料だ。
「これまでに比べ10分の1くらいに手間が軽減された。アプリを活用してたくさんの投稿をして欲しい」と、開発を担当した若林輝明係長は語る。
ホームメイト施設検索は、学校や病院といった生活に必要な公共施設や、野球場やプールなど趣味に関わるものまで登録してある。
住まいの近くに欲しい施設を探してから、その周辺の賃貸住宅を検索することができる。
既に、全国で170万カ所の物件が登録してある。

関連記事