経営面から民泊を支援

団体設立を記念したセミナー開催
民泊事業の振興を目的に設立された一般社団法人民泊再生機構(東京都渋谷区)が、先月21日に都内で初めてのセミナーを開いた。
Livmo(東京都港区)源侑輝社長や、同機構の山田創太代表理事などが民泊事業を始めるに際しての注意事項や、最新動向などについて語った。
当日は、民泊の運営者や、今後の参入を考えている不動産関係者30名が来場した。
山田代表は、各事業者が手探りに事業を進めている現状に問題点を感じているという。
「民泊について法整備が進んでいますが、経営判断については指標がありません。不動産オーナーや事業者の知識がないために、知っていれば防げるリスクを不当に負っているように思います」そこで同会では、客観的な立場から情報を集約、分析したうえで事業者の経営サポートを行っていく。
また、独自の支援サービスRe-Aiも提供する。
今後、全国で講演や相談会などを開催する。

関連記事